レイチェルワインの口コミは??

10年以上も愛用しているリキッドファンデーション。私はリキッドファンデーションを使っています。

リキッドファンデーションの話ですが、ファンデーションをつける際に気を付けていることは、まずべた塗にしないことです。リキッドファンデーションはパフに含ませた水の量によって、顔のつき具合が変わってきます。あまり、パフに水を含ませないようにして塗るようにしています。

また、同じ方向にパフを移動させてファンデーションを塗るように気を付けています。例えば、鼻を中心に考えて、頬の方へ一歩通行で塗るようにしたり、おでこや顎は左から右へ、と決めて塗るように気を付けています。そうすることで、ムラができにくいと私は感じでいます。

私は、ファンデーションは塗ることによって肌を隠すのではなく、本来の肌を引き立てるものだと考えています。どんなに肌荒れがひどい時に隠そうとしても、隠しきれないのはそのためだと思います。ファンデーションを付ける際に気に付けることもあるけれど、本来の肌を良い状態にしてから、ファンデーションを塗ることが一番望ましいと思います。

私のファンデーションへのこだわりは、カバー力などよりも、厚塗りにならない自然に近いことを求めているところです。いままでいろいろなファンデーションを使ってみましたが、崩れにくさやカバー力をうたっている商品は結局のところ厚塗りになるものばかりでした。しかし、私が偶然出会った商品が、「チャコット」というブランドのリキッドファンデーションです。それからというもの、このファンデーションを愛用しています。

かれこれ10年以上になり、これからもずっと使い続けるつもりです。

友達が使っているので最近おすすめといったいたのが、レイチェルワインというパウダーファンデーションです。パウダーファンデーションは粉がとぶのでそのあたりは少し工夫が必要ですが、慣れてしまえば結構気にならないようです。

さらにこのレイチェルワインは薄付きでいいので、肌にも良いんだとか。

私もちょっとだけ最近このレイチェルワインを使ってみようかな~っと思っています。口コミに関してはこのサイトが良くわかるように書いてありましたので、一応載せておきますね。

http://xn--eckai3cwdvj3ce5a5bxf6474c.xyz/